北陸でプロから学べるドローンスクールが誕生

初めまして、イセ・ドローンカレッジです。

富山にプロから学べる本物志向のドローンスクールを開設します。
スクール名は「イセ・ドローンカレッジ Ise Drone College (IDC)」です。
ドローンは今では誰でもその存在を知る小型の無人で安定飛行する航空機です。
テレビではバラエティーやドキュメント番組をはじめ様々なシーンでドローンの空撮シーンが採用されています。
以前は空撮というとヘリコプターやセスナ機にカメラマンが搭乗し、ドアから身を乗り出して撮影をしていたので、高額な費用とリスクが伴っていたのですが、ドローンが身近な存在となった現在はどなたで気軽に飛行させ空撮を楽しんでいますね。

空撮は意外に難しい

ドローンを手に入れて空撮にチャレンジされた方だとお分かりになるかもしれませんが、これが意外に難しいのです。
ドローンはオートパイロット機能が一部採用されているので、離陸などは比較的容易なのですが、その後の操縦となると日常で機械を操作する感覚とは全くの別次元となってしまう為、思うようなアングルでの撮影まではなかなか到達できないのです。
操縦者に対してドローンの向きが様々な方向に変化している状況をしっかりと把握しながら、前後左右への移動に加え回転、上昇などの複雑な動きを絶妙なテクニックでコントロールしなければならないのです。

航空法が適用されます

日本をはじめ多くの国では各国の航空法等でドローンが規制されています。
空域や飛行方法など細かく規制されており、一般的なメーカーのドローンの殆どがその規制対象になっています。
200gを超える機体であれば規制対象となり、その重さもさらに厳しなっていきます。
例えば花火大会や音楽フェスの上空を自由に飛ばそうとしても、航空法で禁止されている飛行方法となってしまえば厳しく罰せられるのです。

ドローンをプロから学ぶ

ドローンに限らずスクーリングを担当している講師は、実際にその業務を日常的に請け負っている訳ではありません。
例えば税理士の資格取得を教えるスクールでの講師を本業にされていれば、税理士事務所を開設してお客様の経理・税務業務のサポートは時間的に困難でしょうし、大型車の教習所などの教官も普段から大型車で荷物を運んでいるわけではないでしょう。
ドローンの知識や操縦を学ぶ上ではここがポイントなのです。
現代社会に浸透している自動車や会計システムなどは、誰もが学んですぐに利用することが出来るのですが、ドローンは法律で規制されたのはつい5年ほど前です。
撮影や空中写真測量、設備点検、農薬散布などを現場で実践し経験を積んだからこそ分かるドローンの特性や現場での対応力をドローンスクールに反映している学校は非情に珍しいのです。
まだまだ社会にシステムや存在が浸透しているとは言えないドローンは、プロから学ぶべきなのです。

イセ・ドローンカレッジ(IDC)は講師が全員プロです。

ドローンスクールを開校するにあたって最も重要視したのは、学びを実践に役立てて欲しいという思いです。
社会のシステムとして受け入れられて間もない業界では、一般的に講師の経験もまだまだ浅いと思います。
プロから学ぶ場の提供が出来れば、理想に近い形でのドローンスクールをお客様にご利用していただけるのではないか?
そこで全国のプロフェッショナルドローンオペレーターで講習を開催して、質の高い学びを提供しようと考えました。
業界に精通した方のご尽力によって、空撮や点検など様々なドローンオペレーションをしている上、講習会の講師経験も豊富な方々に賛同していただき、全国でも珍しい、プロから学べるドローンスクールがここ富山で「イセ・ドローンカレッジ」として開校する運びとなりました。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL