空撮からはじめよう!

空撮の需要はドローン効果で増加している

ドローンで空撮も珍しくない時代になりました。
100g未満のおもちゃのドローンでもSNSに耐えうる動画投稿も可能ですし、航空法適用となる200g以上の本格的な機体であればプロ品質の動画も撮影できます。
ヘリコプターなどを使用しないで実現できるドローン空撮は手軽に行えるようになり、需要も急増し続けています。
ウェディングムービーのオープニング、ゴルフコース紹介、新築工場の竣工撮影や卒業記念の人文字まで、今までは高額でなかなか注文できなかった空撮が、ドローンによって一気に身近になったのです。

質を求めるなら航空法適用となる機体

初めてドローンを飛行させて撮影してみると、テレビや映画のワンシーンのような画像が撮影でき感動するでしょう。皆さんの地元の風景を撮影すればさらに喜びと懐かしさが加わり、思わず声を出してしまうかもしれません。
でもちょっと待ってください。確かに皆さんが感動する美しい風景が撮影できるかもしれませんが、ドローンを飛行させるには航空法という空の法律を守って飛ばさなければならないのです。
本格的な撮影が行えるドローンの殆どが航空法の規制対象となる機体なので、しっかりと理解しておきたいですね。

ドローンを規制する法律「航空法」

航空法ではドローンを無人航空機と言います。
無人航空機には重さや飛行する機体の形や飛行形態によって区分されています。
誰もが想像するプロペラが4枚あるドローンは、回転翼航空機とされています。空撮用として私たちプロが使用している機体も回転翼航空機となります。
ドローンは航空法で飛行範囲や飛行方法などのルールが明確にされているので、例えば夜間飛行やドローンが確認できない距離まで飛行させる目視外飛行なども禁止されています。

規制はされているが飛行可能な許可・承認制

夜景や山奥、海岸の空撮シーンを見たことがあれば、先ほどの夜間飛行や目視外飛行が禁止されているにもかかわらずどうやって飛行させているのか疑問に思いませんか?
ドローンの飛行を司る航空法では、定められた審査基準に合致している機体や操縦者であれば国土交通省航空局に申請することで、飛行が禁止されている空域の飛行許可や飛行方法の承認を得ることが出来るのです。

飛行実績10時間の壁

航空局へ許可・承認の申請をする際に操縦者として課せられているのが飛行実績10時間を有するという事なのです。
一般的なドローンのバッテリーで飛行できる時間は15分から20分程度です。バッテリーは比較的高額なため趣味で飛行させようとして予備バッテリー1本追加して持っていたとしても、1回の充電で40分程度しか飛行させられないのです。(1本20分換算)
2本のバッテリーで毎日飛行練習をしたとしても15日、バッテリー1本になると30日間を費やさないと飛行実績10時間を超えられないのです。

飛行練習の壁

一般的に航空局へ申請する際に必要とされている飛行マニュアルは、航空局が作成した「標準マニュアル」に従って飛行の練習を行います。
この項目を見てみると、如何に独学で飛行練習をしようとすると難しいのかが分かるでしょう。
例としては、8の字飛行を5回連続した飛行やドローンを操縦者側に向かせた対面飛行で操作を円滑に行えるようにすることなど、ドローン初心者にとってはかなり難易度が高いのではないでしょうか?

ドローンの操縦は空撮の要

ところで、ドローンの仕事で難易度が高いものとして挙げられるのは、空撮なのをご存知でしょうか?
他にも農薬散布やマニュアル機での設備点検なども難易度が高いのですが、空撮に絞って言うと本当に操縦の質が映像として残ってしまうので、始めて間もない頃の空撮動画を振り返ってみて観ると赤面してしまう補とのクオリティーなのです。
一般的に言われているノーズインサークル(オービット)は私たちプロが行う半径は約200m以上。移動スピードも限界値に近いところで大きく回った飛行を行います。
講習会中に実際の操縦を受講生に見ていただくと、その動きの速さに驚いてしまうようです。

プロが教えるスクールで学べるメリット

私たちは空撮でCMや映画などを担当しています。
プロのテレビカメラマンや映画カメラマンにも空撮に必要な操縦テクニックを教えています。
一般的なドローンスクールを超えた操縦技能を駆使して現場で撮影をしているからこそ分かる必要なテクニックと撮影手法。これらが学べる富山のドローンスクールが、イセ・ドローンカレッジ(IDC)なのです。
テレビ、CM、映画、YouTubeなど動画コンテンツではなくてなならない存在のドローン空撮をプロから学んで、皆様の仕事やキャリアアップにお役立てください。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL